ホーム

教義

人間の仕組み救い主歩み構成行事書籍本山地図Q&A問い合わせ

霊の洗礼ミロク下生使命構造霊障先祖供養人生修行毒化4つの業

8.毒化現象と清浄化

人間は本来健康であるもの。しかし体に毒がたまれば肉体の機能は破壊され、最悪、命を落とすこともある。毒化された人間はまた霊にも憑かれやすいものである。

また、体にたまっている毒が溶けて体外に排泄され、肉体の機能が回復し健康になっていくことを清浄化という。清浄化の時は苦しいが(だるい・発熱・悪寒・痛み・腫れ・下痢・吹き出物・咳など)、それにより健康になっていくのである。清浄化は病気ではなく、ありがたい現象である。自分が毒をためたのだから仕方がない。ただし、いったん破壊された機能は清浄化でも元に戻らないことがある。

以下に人類毒化の種類を少々挙げてみる。

  1. 先祖から受け継いだ毒(胎毒)。
  2. 薬毒。薬は人類毒化の代表的なもの。
  3. 化学洗剤や化粧品等皮膚や粘膜等から入る毒。
  4. 食品の毒。添加物など。
  5. 精製した食品。黒砂糖は食品だが、白砂糖はすでに薬品。
  6. スポーツの毒。過度のスポーツは酸性体質になる。
  7. 日光で肌を焼くこと。日焼けは紫外線を必要以上に体内に入れないための現象。体が酸性になる。
  8. 冷えの毒。クーラーや冷たい食品、冬の裸生活など。全て不自然で毒化する。
  9. 髪の毛を縛ったり長髪にすること(しかし丸坊主は罪になる)。
  10. 腹巻きは過保護(獣の腹の毛は薄い)。
  11. 精神的な毒。怒る、悲しむなどは酸性体質になり毒化する(その反対に笑いはアルカリ性になる)。
  12. 電気治療・磁石。ことさら強い紫外線・赤外線・イオン水。自然の量を超すから。
  13. 排気ガス・空気汚染。
  14. 憑依により体が毒化する。

[当教団に下された4つの業へ][現界は人生修行の場へ][当教団の教義へ]

Copyright(C) 1997-2010 Shin-yu-gen Kyusei Mahikari Bunmei Kyodan All rights reserved.