ホーム

教義

人間の仕組み救い主歩み構成行事書籍本山地図Q&A問い合わせ

霊の洗礼ミロク下生使命構造霊障先祖供養人生修行毒化4つの業

3.当教団の使命

神は、霊の洗礼に魂を抹殺されず、世を立て替え次期文明を築く浄化した魂、つまり種人(たねびと)をつくり少しでも多く残すために、ご経綸上神の教団を造った。

神は、当教団にいまだかつて人類に示されたことのない詳しい仕組み4つの業を下した。そして種人になる3つの条件を実行させるのである。

その3つの条件とは、

  1. 憑依霊が憑いていない、霊障のないこと。
  2. 一切の人間等の仕組みを知り、罪は反省し、人生修行に励むこと。
  3. 体が清浄化され、毒化しないこと。

つまり、霊・心・体(れい・しん・たい)が共に浄まっていることである。

神は、40年間に「世界救世教」「世界真光文明教団」そして「神幽現救世真光文明教団」の順に教団を造った。神は神幽現救世真光文明教団の立教の際に、「これで完成しました。神は以後教団を造りません。(これが)最後のバスです。…」と言われた。

[神界・幽界・現界と人体の構造へ][ミロクの下生へ][当教団の教義へ]

Copyright(C) 1997-2010 Shin-yu-gen Kyusei Mahikari Bunmei Kyodan All rights reserved.