ホーム教義

人間の仕組み

救い主歩み構成行事書籍本山地図Q&A問い合わせ

誕生現界医学上の死本当の死神裁き幽界仏壇霊界再生神上がり浮遊霊・地縛霊

10.神上がり

30回目の人生を終えた者は神裁きの結果、神界に上ることを許される。背後霊に連れられて幽界の墓場に行くと長い過去世の記憶が蘇り、幽体を脱ぎ、霊界を素通りして神界へ直行する。神界の入口には黄金の鳥居が建っている。塀はない。その鳥居をくぐり神界へ入ると霊体は神体となる。そして神としての生活に入る。

神界も60段階(5次元〜7次元)から成り、神の修行は5次元、6次元で行う。7次元には高級神がいる。

現津神(あきつかみ)
霊界より神上がりした者。神としての修行がある(5次元、6次元)。
竜神(りゅうじん)
5次元の金竜と6次元の光竜。いずれも神界の竜神界にいる。主神の命令で竜の姿になり仕事をする。竜神の役が終われば元の神の姿になる。現津神の修行の1つ。
国津神(くにつかみ)
現津神が7次元に入ると国津神となる。天津神の手伝いをし、永遠に生きる。
天津神(あまつかみ)
本来の神である。7次元にいる。

[次へ][前へ][人間の仕組みへ]

Copyright(C) 1998-2010 Shin-yu-gen Kyusei Mahikari Bunmei Kyodan All rights reserved.