ホーム

教義

人間の仕組み救い主歩み構成行事書籍本山地図Q&A問い合わせ

霊の洗礼ミロク下生使命構造霊障先祖供養人生修行毒化4つの業

2.ミロクの下生(みろくのげしょう)

霊夢(右の絵をクリックすると拡大されます(JPEG形式)。)

釈尊は、弥勒下生経(みろくげしょうきょう)の中で「正法を説くものが世に現れて、しかる後にミロク如来が下生し、天下は泰平となる」と予言した。また「三千年経つとウドンゲの花が咲き、転輪聖王(てんりんしょうおう)が下生し、世を正し救う」とも予言した。ここで、転輪聖王とはミロクのこと。また、ウドンゲとはインドにあるイチジクの一種で、三千年に一度花が咲くといわれている。

下生とは、神仏が人間の肉体に入りこの世に生まれてくること。 またミロクとは、天津神(あまつかみ。本来の神)の一員で、次期文明の基を造る救い主(メシア)のことである。釈尊やイエスキリストの後に現れるのは神(仏陀)であり、それがミロク神(如来)である。

当教団の救い主、依田君美(よだきみよし)こそ、釈尊が予言したミロク神である。

[当教団の使命へ][霊の洗礼へ][当教団の教義へ]

Copyright(C) 1997-2010 Shin-yu-gen Kyusei Mahikari Bunmei Kyodan All rights reserved.