ホーム教義

人間の仕組み

救い主歩み構成行事書籍本山地図Q&A問い合わせ

誕生現界医学上の死本当の死神裁き幽界仏壇霊界再生神上がり浮遊霊・地縛霊

4.本当の死

葬式
普通の葬式の時機では、まだ幽体と肉体(遺体)とは霊線でつながっている。死者の霊は、自分の葬式の様子を一切見ている。 自分は今後どうなるのかと不安が募る(お経や説教等は、死後の世界を詳しく説いていない)。また焼香は煙くて困る。焼香により死者の霊が悟るのではない。ただ、皆がお別れに見えることだけはうれしいものである。

こうして、死者の霊は不安のまま遺体と共にお墓、火葬場等に向かう。そして、土葬の場合は墓穴に入れられて土が掛けられ、土が地面と平らになった頃、また、火葬の場合は遺体が火で焼かれる寸前に霊線が切れて、幽体は肉体(遺体)と離れて自由になる。これが本当の死である。

霊線は葬式を行わなくても、長くて1週間ほどで切れる。

お墓
お墓や火葬場で肉体(遺体)から離れた死者の幽体は、喪主の背中に負ぶさり我が家に帰る。つまり、お墓は亡きがらを始末しただけの所であり、当人の霊は住んでいない。死者の霊は、神裁きの後は決められた所にいて、仏壇に来るのである。何か死者の霊に話や報告があるときは、お墓ではなく仏壇でする。したがって、お墓参りとはお墓の掃除をすることである。

49日
我が家に帰った死者の霊は、死んだ日を入れて49日間、我が家の祭壇の上約60センチメートルのところに、普通頭を北にして寝ている。葬式後の祭壇は、当人の霊のより所なので、49日間は片づけてはならない。食事(供養)は、毎日1回、幽体が祭壇に上げられた食品の匂い、湯気を直接吸う。線香は煙いから絶対に上げてはならない。 香は遺体の死臭を消すために焚くものであり、遺体のなくなった祭壇に焚く必要は全くない。

神が死者の霊を49日間我が家へおくのは、生前の罪・汚れを反省し、現界への執着を取らせ、幽界へ行く心の準備をさせるためである。死者の霊は、この間に心残りのないように知人や親戚等に会いにも行く。この間の悟り具合によっては神裁きの結果が変わる。だから、背後霊はこの間も重要な期間として記録を続けている。そこで、遺族等はできるだけ死者の霊(祭壇の上約60センチメートル)に向かって生前の悪かったこと、よかったこと等いろいろためになることを話すとよい。また、人間等の仕組みや、悟れば今後が好転することも話して聞かせるのもよい。

49日になるまでに、正式な個人位牌を作って仏壇に入れる必要がある。

[次へ][前へ][人間の仕組みへ]

Copyright(C) 1998-2010 Shin-yu-gen Kyusei Mahikari Bunmei Kyodan All rights reserved.